1. ホーム
  2. ニュース
  3. 集中講義「情報生命特別講義第二」の日程及び内容について

集中講義「情報生命特別講義第二」の日程及び内容について

2017年12月21日

バイオインフォマティクス分野で注目されているフリーの統計処理言語であるRを用いて、統計処理の入門からデータの可視化の基礎を学びます。
また、実際の遺伝子発現データの解析を通じて、大規模分子生物学データの解析スキルを身に着けます。

日時:
日時:
平成30年1月25日(木)13:20-18:20 
平成30年1月26日(金)13:20-18:20
場所: すずかけ台、J2-1601 TV講義室
講師: 茂櫛 薫氏  (順天堂大学 難病の診断と治療研究センター)
タイトル: 統計処理言語Rを用いた遺伝子発現解析 入門

●受講希望者は学籍番号、研究室、氏名を書き、office[at]acls.titech.ac.jpまでメールしてください。 
  件名:情報生命特別講義第二  受付締切:平成30年1月18日(木)

●受講学生はノートPCを持参の上、参加のこと。

●初学者を対象とするが、事前に下記のサイトにおいてRおよびBioconductorについて学んでおくことを推奨する。
     http://www.r-project.org/  
     http://www.bioconductor.org/ 
     http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r.html 

●シラバス
 1月25日 (木) 
  13:20 - 14:50 総論 Rダウンロード、Bioconductorダウンロード
  15:05 - 16:35 基本的なRの使い方と統計手法について 
  16:50 - 18:20 マイクロアレイデータの生データの取り扱いと正規化
 1月26日 (金) 
  13:20 - 14:50 統計処理によるバイオマーカー候補遺伝子の抽出
  15:05 - 16:35 階層的クラスタリング、Gene Ontologyを用いた解析
  16:50 - 18:20 k-NNやサポートベクターマシンによる判別、次世代シーケンシング解析、総合討論

ACLS以外の学生の参加も受け付けます。(人数が定員に達した場合は、その旨メールにて連絡します。) 

≪担当教員≫ 小長谷 明彦 (情報理工学院)
≪問合せ先≫ 情報生命博士教育院 すずかけ台事務室 office[at]acls.titech.ac.jp

 

  • 教員・学生の声
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 
 
 

関連Link

  
                       東京工業大学 生命理工学研究科          東京工業大学 情報理工学研究科          東京工業大学                

   
                       JSPS 博士課程教育 リーディングプログラム          東京工業大学 リーディング大学支援室